用情報

職種紹介 データサイエンティスト職

データサイエンティスト職
山田 晃平Kohei Yamada
大学院では工学を専攻。研究ではなくビジネス側でキャリアを積みたいと考え、卒業後はデジタルマーケティング支援を行うベンチャー企業へ入社。マーケティングの全体設計から実行支援、分析まで一貫して担う。その後、より上流の経験を積むためコンサルティング業界へ。PwCコンサルティング、アクセンチュアを経験した後、立ち上げメンバとしてアポロにジョイン。

入社を決めた理由

アポロは各領域のプロフェッショナルが揃っていた点が魅力でした。所属メンバは技術力もコンサルティング力も非常に高レベルです。そんな人たちと一緒に高みを目指してチャレンジしたいと思い、入社を決意しました。

仕事内容

現在は某大手企業に対して、マーケティング領域でのデータ活用支援を行っています。「いかに顧客の嗜好の同質性や異質性を保った形で分類し、それぞれに応じたコミュニケーションを実現していくか」を主要テーマに、その中で更に細分化される各種マーケティング課題に対して、統計解析や機械学習モデリングを用いた業務支援・推進を行っています。
本来的には1to1を目指したマーケティング業務の企画・実現がテーマであるため、データを無味乾燥に分析するのではなく、それをクライアントや業務担当の方々が解釈できる、腹落ちする形に落としこみ、人による顧客理解の下で業務活用に落とし込んでいくことが重要なプロジェクトです。そのため結果の良し悪しは統計的な評価だけでなく、クライアントと密に議論し着地点を見出すよう心がけています。

仕事の中での苦労・やりがい

データ分析だけでも大量に分析すること、分析できることがあります。それらの分析結果を関係者の方々の業務知見と照らし合わせながらアウトプットを形作っていくため、どの知識・情報をどう組み合わせるか、どのような形で分析結果の最終形を構成するかについては文字通り無限の選択肢があります。時にはその選択肢の多さと正解の不確かさに圧倒されそうになることもありますね。
そんな中でも頑張れるのは、明確な正解がないからこそ自ら正解を形作り、さらにそのクオリティを突き詰めていく過程に楽しさとやりがいを感じるからです。
もちろん責任感に寄るところもありますが、ゲームのやりこみ要素的な感覚が強いですね。

今後の目標

直近は、現在携わっているプロジェクトを成功させることです。クライアント内にデータ活用文化が根付き、自分たちがいなくても自走するような状態にすることですね。
あと、個人的にいつか自分の会社を立ち上げたいと考えているので、そのためのスキルをアポロでしっかり身に着けたいと考えています。

APOLLOの社風

職人気質な人が多いです。自分が思い描いたものを詳細に落とし込まないと気が済まないような、こだわりの強い方々ですね。この性質が、結果的に高レベルなスキルにつながっているのだと思います。

求める人物像

自分という人間をどう作り上げていきたいのかを考え、それに向けて行動している人。そういう一本軸を内に持っているような人は、一緒に働いていても純粋に楽しいです。
あと、技術に対する向上心は必須だと思います。技術の中身だけでなく、実際にクライアントの課題解決策にどう活用できるかというところまで考え抜ける人と一緒に働けたら嬉しいです。